Background Image

美食をうみだす街

山海の食材がいつでも豊富で在るにもかかわらず
金沢という街は、美食について貪欲です。
発酵食品の代表「味噌・醤油・酒」、
乾物ならば「塩・貝・麩・海藻」etc.
有名なところで、加賀藩から続く北陸地方の郷土料理「かぶら寿司」は
「加賀野菜」と発酵の元「糀」、そしてたっぷり脂ののった「鰤」。
この原料なくしては三位一体の熟成はかないません。
よくぞ、この三品を組み合わせたものだと唸ってしまいます。
今昔の佳き日や保存食としても主役級の金沢美味として
扱われ食卓を飾ります。

「鰤」は出世魚、
金沢での呼び名は「コゾクラ→フクラギ→ガンド→ブリ」。
北陸ものは脂ののり方がしっとり上品、
緑草音も運をあげてくる鰤料理に華をさかせます。

"最上級の快適 赤"獲得<ミシュランガイド 富山・石川(金沢) 2016年特別版>