Background Image

【重陽の節句】九月九日

中国では奇数が縁起の良い「陽」の数字と言われており
一番大きな「楊」が重なる九月九日は「重陽」として
おめでたい節句のひとつになっています

現在の暦では十月にあたるこの時期は
菊が美しく咲く季節でもあり、「菊の節句」と言われます

日本では奈良時代から宮中や寺院で
菊を鑑賞する宴が行われました

明治時代までは庶民の間でも「栗の節句」と呼ばれて
栗ごはんで田畑の収穫を祝っていました

他の節句と比べて行事の色合いが薄れつつある重陽ですが
秋の味覚と菊酒で無病息災を願ってはいかがでしょうか

"最上級の快適 赤"獲得<ミシュランガイド 富山・石川(金沢) 2016年特別版>